ニュース
» 2011年04月04日 00時45分 UPDATE

ソフトバンク孫社長、個人で100億円寄付

ソフトバンクの孫社長が、東日本大震災の被災地への義援金・支援金として個人で100億円を寄付する。

[ITmedia]
photo 孫社長

 ソフトバンクは4月3日、東日本大震災の被災者への義援金・支援金として、孫正義社長が個人で100億円を寄付すると発表した。2011年度から引退までの役員報酬全額も寄付し、震災遺児を支援するととしている。

 ソフトバンクグループも10億円を寄付。ヤフーは3億円を寄付するほか、Yahoo!JAPANで実施した募金には約13億円が集まった。ソフトバンクモバイルは店頭・携帯電話で寄付を受け付け、3月末までに1億円が集まった。

 義援金・支援金は日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じて寄付するほか、NPOやボランティア団体への支援、震災遺児の生活・勉学支援などに活用するとしている。特に、今すぐ支援を必要としている人に義援金・支援金を早急に届けられる寄付の方法を検討しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -