ニュース
» 2011年06月06日 11時48分 UPDATE

GmailやGoogle Calender、IE7など旧版ブラウザのサポート打ち切り

GoogleはGmail、Google CalenderなどでInternet Explorer 7など旧版Webブラウザのサポートを打ち切る。8月1日以降、旧ブラウザでアクセスすると利用できない可能性があるという。

[ITmedia]

 米Googleはこのほど、Google AppsでInternet Explorer(IE)7など旧バージョンのWebブラウザのサポートを打ち切ることを明らかにした。8月1日以降、Gmail、Google Calender、Google Talk、Google Docs、Google Sitesに旧版ブラウザでアクセスした場合、不具合が起きるか全く動作しないという。

 公式のGmail Blogなどで明らかにした。

 8月1日以降、Firefox 3.5/IE7/Safari 3以前のバージョンのサポートを打ち切る。今後はブラウザの新バージョンがリリースされると、その2つ前のブラウザのサポートを打ち切る方針。サポートするのは現行版と1つ前のバージョンのみとなり、IEなら9と8に対応する。Googleは最新版への移行を進めており、ChromeとFirefox、IE、Safariを薦めている。

 Googleは旧版ブラウザのサポート打ち切りについて、旧版ブラウザでは最新のWebアプリケーションによる高品質なエクスペリエンスを提供できないためだと説明している。例として、HTML5を使ったGmailのデスクトップ通知や、Google Docsのドラッグ&ドロップによるファイルアップロードを挙げている。

 Googleの発表を受け、Google Apps Blogには「Operaユーザーのことも忘れないでください」というOperaユーザーからのコメントが投稿されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -