ニュース
» 2011年06月07日 04時32分 UPDATE

Apple、iOS 5とiCloud、音楽クラウド「iTunes Match」を発表

AppleがiOS 5とiCloud、音楽クラウドサービス「iTunes Match」、新Mac OS「Lion」の詳細を発表した。

[ITmedia]

 米Appleは6月6日(現地時間)、開発者向けイベント「World Wide Developpers Conference」で次世代モバイルOS「iOS 5」やクラウドサービス「iCloud」、音楽クラウドサービス「iTunes Match」、新Mac OS X「Lion」を披露した。

 iOS 5は今秋にリリースする。新たにPCなしでの利用が可能になり、購入後もPCに接続しなくてもセットアップ可能に。またiTunesのライブラリをWi-Fi経由で同期できるようになっている。

 Twitter連携機能が強化され、Twitter設定をOSレベルで保存し、シングルサインオンで各アプリからTwitter連携を利用可能になる。Twitterへの写真投稿機能なども含まれる。

photo
photo Twitterアカウント情報は「設定」(Settings)に保存され、アプリから連携利用できるようになる

 iOSデバイス間で利用可能な「iMessage」が追加され、iPhoneとiPad、iPod touchの間でMMS的なメールのやりとりが可能になっている。

photo カメラの新機能。ピンチ操作によるズーム、タッチによるAF/AEロックなども加わる

 カメラ機能では、新たにロックスクリーン画面にカメラボタンが設けられ、カメラをすぐに起動できるようになっている。また音量ボリュームボタンを押すことでシャッターが切れるようになるなどの改善も図られている。

 カレンダーとは別のリマインダー機能、各アプリのプッシュ通知を一覧できる「Notification Center」、Safariのタブブラウジング機能、GameCenterのソーシャル機能の強化とゲームアプリの直接購入など、「1500の新APIと200の新機能、10の主要新機能」が追加されているという。

 対応デバイスはiPhone 3GS/4とiPad/iPad 2、iPod touch(第3世代/第4世代)。

photo iCloudのイメージ

 iCloudはiOS 5と同時に登場し、同OSに標準搭載される無料サービス。基本的にはiOSデバイスやPC間のデジタルコンテンツをクラウドを介して同期させるサービスで、有料サービスだったMobileMeのメール機能やカレンダー・コンタクトリストの同期機能も含まれるほか、PageやKeynoteなどiWorksアプリで作成したドキュメントの自動保存・別デバイスとの自動同期機能、写真アルバムの同期、iTunesで購入した音楽の同期などが行える。

 基調講演したスティーブ・ジョブズCEOは「この10年間でコンピュータはデジタルコンテンツのハブとなったが、さまざまなデバイスがそれぞれコンテンツを持つようになり、同期が大変になっている。われわれは、iCloudでデジタルコンテンツのハブをクラウドに移行させる」と狙いを語った。

photo iTunes Match。iTunesで販売している1800万曲の中からマッチングさせ、256Kbps品質で配信する

 噂された音楽クラウドサービスは「iTunes Match」というiCloudとは別の名称のサービスとして発表され、今秋開始する。ユーザーの音楽ファイル自体をアップロードするのではなく、ユーザーのiTunesライブラリをスキャンし、CDから吸い出したファイルを含め、iTunesで販売している楽曲とマッチした楽曲はiPhoneなどでワイヤレスでも聴けるようにする。

 音楽クラウドで先行するAmazon、Googleのサービスとは異なり、ファイルをアップロードする手間が省け、すぐに利用できるメリットがあるという。年間24.99ドルの有料となる。

 Lion(Mac OS X 10.7)は7月発売。マルチタッチジェスチャー機能やフルスクリーンアプリへの対応などが図られている。

 販売はMac Apps Storeからのダウンロード販売のみで、インストールにはSnow LeopardとCore 2 Duo/Core i3/Core i5/Core i7/Xeonを搭載したMacが必要。一度のダウンロードでユーザーが持つ複数のMacにインストールできるという。価格は2600円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -