ニュース
» 2011年06月15日 07時35分 UPDATE

Google、「画像“で”検索」などデスクトップ版検索の新機能を発表

Googleのモバイル検索で利用できる音声検索と「Google Goggle」による画像で検索する機能が、デスクトップでも利用できるようになる(音声検索はChromeブラウザでのみ利用可能)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月14日(現地時間)、サンフランシスコで検索技術に関するイベントを開催し、デスクトップ版検索の3つの新機能を発表した。

Voice Search(音声検索)

 voice

 モバイル版の検索では2008年から(日本では2009年から)利用できていた音声による検索が、デスクトップ版でも利用できるようになる。検索枠に、モバイル版と同様のマイクのアイコンが表示されるので、これをクリックしてPCのマイクに向かって検索したい言葉を話すと、音声がテキストに変換され、検索できる。

 Googleは、音声検索は検索したい内容が複雑な場合や、スペルが難しい場合に役立つとしている。

 同機能はChromeの「Speech API」を利用しており、英語版の「Google Chrome 11」以上を、マイクを搭載するPCで利用している場合に利用できる。向こう数週間で対象ユーザーが利用可能になるとしている。

Search by Image(画像で検索)

 画像検索のページ(images.google.com)で、検索枠に画像ファイルをドロップするか、画像のURLをペーストするか、検索枠の右端に表示されるカメラのアイコンをクリックして画像ファイルをアップロードすることで、その画像に関連する検索結果が表示される。

 検索結果には、検索に使った画像と似た画像のほか、写真の背景として写っているランドマークや絵画に関連するコンテンツが表示される。

 goggles

 この「Search by Image」機能は、2009年にリリースしたモバイル向け機能「Google Goggles」の技術を応用し、デスクトップ検索用に最適化している。Google Gogglesは、スマートフォンのカメラで撮影した画像に基づいて検索した結果を表示するというサービスだ。

 同機能は、向こう2日程度でほとんどの国で利用できるようになるという。Google ChromeFirefox向けには、Web上の画像上で右クリックするだけで同機能を利用できる拡張機能がリリースされている。

Instant Pages

 「Instant Pages」は、検索結果のトップに表示されるコンテンツをGoogleがあらかじめ読み込んで(プリレンダリングして)おき、ユーザーがクリックした時にすぐに表示できるようにする機能。Webページのレンダリングには平均して約5秒かかるが、この機能によりほとんど瞬時にページを開けるとしている。

 検索語の入力中にインクリメンタルに候補を表示する「Google Instant」や、検索結果のページをプレビューできる「Instant Previews」とともに、Googleが目指す“Web高速化”をサポートする機能の1つと位置付けられるだろう。

 この機能は、Google Chromeの開発者版で利用可能だ。正式版に対応するのは今夏になるという。

 同社は、モバイル版Google検索についても2つの新機能を発表した。これらはAndroid(2.2以上)およびiOS(4.0以上)搭載の端末で、日本でも既に使えるようになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -