ニュース
» 2011年06月17日 20時06分 UPDATE

携帯用ヒンジのストロベリーコーポレーションが債務超過、猶予期間銘柄に

折り畳み型携帯電話用のヒンジのメーカーとして知られるストロベリーコーポレーションが債務超過に転落、大証は猶予期間入り銘柄に指定した。

[ITmedia]

 大阪証券取引所は6月17日、折り畳み型携帯電話のヒンジメーカー、ストロベリーコーポレーション(JASDAQスタンダード)が2011年3月期に債務超過に陥ったとして、猶予期間入り銘柄・監視区分銘柄に指定した。

 同社は折り畳み型携帯電話やノートPC用のヒンジメーカー。携帯電話市場の需要縮小、ノートPC市場の円高と価格競争から厳しい状況が続いており、売上高は2009年3月期の約61億円から11年3月期には約25億円に減少。携帯向けヒンジ事業で生産拠点の縮小など、経営合理化を進めた結果、11年3月期は17億7200万円の最終赤字を計上。3億7500万円の債務超過に陥っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -