ニュース
» 2011年07月04日 15時22分 UPDATE

Microsoft、HTML5サポート強化でHotmailを高速化

メッセージを開く、削除する、作成するといった操作のスピードが、キャッシング、プリロード、非同期通信で大幅に削減された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月30日(現地時間)、オンラインメールサービス「Hotmail」をアップデートし、高速化したと発表した。例えばメッセージの表示では、従来3.3秒かかっていたところを0.18秒に短縮したという。

 Microsoftは、ローカルストレージを利用したキャッシング、プリローディング、非同期通信の3つの技術を使って高速化を実現したとしている。

 新Hotmailでは、1度ダウンロードしたメッセージリストと開いたメールはWebブラウザのDOMにキャッシュされる。アカウントに変更があるとサーバがブラウザにそれを通知し、ブラウザがデータを更新する。ブラウザを閉じると、キャッシュは削除される。

 また、ユーザーがメッセージリストを閲覧している間に各メッセージをプリロードすることで、ユーザーがメッセージを開くときに待たずに済むようにした。

 さらに、従来はユーザーインタフェースの更新(メッセージを削除した後のメッセージリストの再表示など)に時間がかかっていたが、サーバとの非同期通信を採用したことで、こうした遅延を解消した。

 Internet Explorer 9などのHTML5をサポートするWebブラウザでは、Hotmailをより高速に利用できるという。同社は、今後もHotmailの高速化を進めるとしている。

 Microsoftは6月に、無料クラウドストレージ「SkyeDrive」をアップデートし、高速化している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -