ニュース
» 2011年07月05日 12時38分 UPDATE

「NEC レノボ・ジャパングループ」発足 3年で国内シェア30%目指す

NECとLenovoの国内PC事業を統合した「NEC レノボ・ジャパン グループ」が発足。国内PC市場シェアを現在の25%から3年後をめどに30%に引き上げる目標を掲げる。

[ITmedia]
photo 合弁会社のラピン会長(レノボ・ジャパン社長)と高須社長(NECパーソナルコンピュータ社長)

 NECと中国Lenovoの日本国内PC事業を統合した「NEC レノボ・ジャパン グループ」が発足した。合弁会社の高須英世社長は、両社を合算した国内PC市場シェアを現在の25%から3年後をめどに30%に引き上げる目標を掲げた。

 合弁会社「Lenovo NEC Holdings」(登記上の本社はオランダ)を1日に設立し、Lenovoが51%、NECが49%を出資。傘下にNECパーソナルプロダクツのPC事業を分化した新会社「NECパーソナルコンピュータ」とレノボ・ジャパンを置く。

 法人/個人向けPCとも両社のブランドは継続し、販売も従来通りの体制で行う。一方、開発では日本市場向けのAV機能などに強いNECと、ThinkPadを擁するLenovoで連携を進めるほか、資材調達では汎用品をLenovoが、高性能な液晶ディスプレイやBlu-ray DiscドライブなどはNECが担当し、スケールメリットを生かして調達効率を最大化していく。

  合弁会社の会長に就任したロードリック・ラピン会長(レノボ・ジャパン社長)は、今後も日本市場に対応した製品を投入し続けていく方針を表明。NECパーソナルコンピュータの米沢事業場(山形県)にも「継続的に投資する」とした。高須社長は国内シェアを引き上げていく目標を掲げたが、NEC側にとってはLenovoのネットワークを生かして再び海外展開を図る期待もある

 レノボ・ジャパンのコンシューマ向けPCの電話サポート窓口は10月からNECパーソナルコンピュータに移管。NECは来年1月から、購入2年目以降は有償としていた「使い方相談」サービスを無償にし、サポートを拡充する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -