ニュース
» 2011年07月05日 14時42分 UPDATE

フォトリポート:いよいよ迫るスペースシャトル最終飛行

スペースシャトル「アトランティス」最後の打ち上げが迫っている。30年にわたって続いたスペースシャトル計画の最終飛行でもある。打ち上げ準備が進む現地から、すすけたアトランティスや発射台の細部まで分かる多数の写真が届いた。

[Gerald Matulka, 森岡澄夫(超電磁P @chodenzi),ITmedia]

 スペースシャトル・アトランティスは日本時間7月9日午前0時26分、ケネディ宇宙センターから打ち上げられる予定だ。ディスカバリー、エンデバーは既に最終飛行を終えて引退しているが、135回目の打ち上げとなる今回を持って、30年の長きに渡って続いたスペースシャトル計画はついに終了する.

photo
photo
photo

 一連の写真は、アトランティス号の打ち上げ準備の模様である。計画最後ということもあって,報道陣も、発射台上などかなり立ち入った場所での撮影が許可されている。

 アトランティスのディテールを見ると、かなりあちこち煤けたり汚れたりしていることが分かるだろう。実際、初飛行の時からずっと使われている部品もあちこちに残っている。しかし整備は綿密になされているので大丈夫だ.

 もし、スペースシャトルの打ち上げを生で見てみたいという気持ちが少しでもあるなら、今からでもギリギリ間に合うので旅行を手配してみてはどうだろうか.行く場所はフロリダ州中部の東海岸で、オーランド国際空港からレンタカーで528号線を東に1時間ほどで行くとケネディ・スペース・センターだ。観覧用のパスは既に完売になっているが、パスの無い一般人でも、インディアン・リバーのUS1沿いかケープカナベラルの海岸などから見ることはできる。20キロほどの距離になってしまうのでシャトル本体はほとんど見えないが、力強く上昇するまぶしい炎・白煙や、大地の轟きはその距離でも十分な迫力なので、行ってみて後悔するようなことは絶対にない。現地近辺のホテルは満杯で、大量の観光客が来ると予想されているが、オーランド近辺に宿泊して当日早朝にドライブすれば、おそらく到着できるだろう。

 注意した方が良い点が幾つかある。まず、予定通り飛ぶとは決して期待しないこと。最低でも2、3日の延期を見越してプランを立てるのがよい。また、打ち上げ時刻は、1日延期するたびに約30分ずつ繰り上がる。いよいよ打ち上がる時は、写真やビデオを撮るほうに気を取られず、ロケットの炎を肉眼に焼き付けよう。機械に気を取られているうちに、アッという間に全てが終わってしまい、何も記憶に残らなくなってしまうからだ。

photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -