ニュース
» 2011年07月08日 16時28分 UPDATE

ソフトバンクモバイルの通信障害で業務委託先の元社員逮捕 回線設定データ改ざん

5月に関西で起きたソフトバンクモバイルの通信障害を発生させた疑いで、同社の業務委託先の元社員が逮捕された。不正プログラムを入力し、基地局を停波させたという。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは7月8日、5月に関西で起きた通信障害を発生させた容疑で業務委託先の元社員を警察が逮捕したと発表した。

 通信障害は5月25日午前3時58分、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県で発生し、26日午前10時15分に復旧。約7万2700人の利用者に影響があった。

 同社で調べたところ、内部の人為的事故の可能性があったため、翌日に大阪府警に相談し、6月6日に被害届を提出したという。

 逮捕された業務委託先の元社員は、ソフトバンクモバイルの関西ネットワークセンター(大阪市西区)で基地局とネットワークセンターを結ぶ伝送装置のデータ設定業務を担当。元社員は制御用端末に不正プログラムを入力し、ATM伝送装置の回線設定データを改ざん、基地局を停波させた疑いがあるという。

 プログラムは3月8〜9日に入力され、5月25日に作動するよう設定されていた。元社員は3月15日に体調不良を理由に業務委託先を退職しているという。

 「当社施設内でこのような事態が発生したことは誠に遺憾」として、監視カメラの増設と、操作履歴の収集範囲の拡大など再発防止策を完遂するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -