ニュース
» 2011年07月12日 11時31分 UPDATE

サイバーエージェントがAndroidアプリマーケット Ameba内通貨で決済

サイバーエージェントがAndroidアプリマーケット「Ameba AppMarket」をオープン。アプリの購入とアプリ内課金の決済にAmeba内仮想通貨を採用している。

[ITmedia]
photo PC版「Ameba AppMarket」

 サイバーエージェントは7月12日、Androidアプリマーケット「Ameba AppMarket」をオープンした。アプリの購入とアプリ内課金の決済にAmeba内仮想通貨を採用しているのが特徴。年内に同社製・他社製含む1000アプリの掲載を計画している。

 Androidアプリを紹介するPC・Android端末向けサイト。Amebaのブログ投稿・閲覧アプリや女性向け写真共有アプリ「girls pic」といったAmebaアプリに加え、他社製アプリも掲載。当初は34社のアプリを紹介している。

 決済には「アメゴールド」を採用し、Ameba会員1500万人(3月末時点)はより簡単にサービスを利用できるとしている。仮想通貨は300アメゴールド=315円から購入可能だ。

 今後、同マーケット限定セールや有料アプリ購入時のアメゴールド還元など、Amebaの強みを生かしたキャンペーンなどを展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -