ニュース
» 2011年07月12日 12時40分 UPDATE

米成人の35%はスマートフォンユーザー――Pew Internet調査

スマートフォンユーザーの25%が、ネット接続にPCよりもスマートフォンを利用することが多いと答えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国在住の成人の83%は携帯電話を持っており、そのうち42%はスマートフォンユーザーであることが、米非営利調査機関Pew Research Centerが7月11日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになった。つまり、米在住の成人の35%がスマートフォンユーザーということになる。

 同調査は、2277人の米国在住の成人を対象に、2011年4月26日〜5月22日に電話で実施された。

 スマートフォンユーザーにインターネットの利用について尋ねたところ、87%がスマートフォンからインターネットやメールにアクセスしたことがあり、68%が日常的にアクセスしていると答えた。また、ネット接続の主要な手段として、PCよりもスマートフォンを利用しているユーザーが25%に上った。この25%のうち、およそ3人に1人は家庭に高速ブロードバンド環境が整っていないと答えた。

 携帯端末に占めるスマートフォンの割合を年齢別(18歳以上)にみると、最も多いのは25〜34歳の58%で、それ以外の年齢層は半分以下だった。

 pew 年齢別スマートフォン所有率(資料:Pew Research Center's Internet & American Life Project)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -