ニュース
» 2011年07月14日 14時59分 UPDATE

Apple、App Storeで企業向けボリューム購入プログラムを米国で開始へ

米国の企業は、従業員のiPadやiPhone用の有料プログラムを一括購入し、イントラネットなどで配布できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは米国で企業向けのiOSアプリのボリューム購入プログラム「App Store Volume Purchsing for Business」を開始する。米国のApple.comに7月13日(現地時間)、告知ページが開設された。

 volume 「Coming soon」となっている

 米国の企業はこのプログラムにより、従業員用のアプリをまとめて購入し、配布できる(無料アプリは対象外)。企業は自社用のApple IDを取得してプログラムに加入し、App Store内でアプリを検索・購入する。支払いは、企業のクレジットカードかPayPalで行う。購入の際にAppleから送られる履行コードまたはサードパーティー製MDM(モバイル端末管理)システムにより、従業員へのアプリ配布が円滑に行えるという。

 また、同プログラムではサードパーティー製のカスタムアプリも購入できる。App Store上で有料アプリを配信しているiOSデベロッパーであれば、同プログラムでアプリを販売できる。

 Appleは2010年8月から、米国の教育機関向けに同様のプログラムを提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -