ニュース
» 2011年07月22日 19時29分 UPDATE

お疲れさま、アトランティス

最終飛行を終えたスペースシャトル「アトランティス」がケネディ宇宙センターの滑走路から整備施設に移された。退役後は一般公開される。

[ITmedia]

 最終飛行を追えたスペースシャトル「アトランティス」は滑走路から整備施設に移された。退役後はケネディ宇宙センターの一般公開施設に展示される予定だ。(写真提供:柴田孔明氏

photo
photo
photo
photo 整備施設前では4人のクルーが参加してイベントが開かれた

 アトランティスは4番目に建造されたスペースシャトル。ウッズホール海洋研究所の調査船にちなんで名付けられた。映画「アルマゲドン」では冒頭部で隕石に当たって沈んでしまうが、実際のアトランティスはロシアの宇宙ステーション「ミール」との初のドッキングを成し遂げるなど、33回のミッションを遂行した。今後は“母港”のケネディ宇宙センターで羽根を休めることになる。

関連キーワード

スペースシャトル | NASA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -