ニュース
» 2011年07月29日 13時42分 UPDATE

Oracle、「Java SE 7」の正式版をリリース 5年ぶりのメジャーアップデート

OracleがSunの買収でJavaを獲得してから初のメジャーアップデート「Java SE 7」をリリースした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Oracleは7月28日(現地時間)、「Java Platform, Standard Edition 7(Java SE 7)」の正式版をリリースした。同社が米Sun Microsystemsの買収でJavaを獲得してから初の、そしてJava SEとしては5年ぶりのメジャーアップデートになる。Java SE 7はOracleのページからダウンロードできる。

 Java SE 7では、JVMでのRuby、Python、JavaScriptなどの動的言語のサポート強化、New I/Oをさらに拡張したAPI「NIO.2」、Unicode 6.0のサポートなど、多数の機能が追加された。

 Oracleによると、Java開発者数は世界で900万人で、30億台以上の端末がJavaテクノロジーを搭載するという。

 開発者は、NetBeans IDE(統合開発環境) 7.0、Java SE 7のプラグインを追加したEclipse Indigo、IntelliJ IDEA 10.5でJava SE 7のアプリケーションを開発できる。JDK 7をサポートするOracle JDeveloperは年内にリリースの予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -