ニュース
» 2011年08月01日 15時24分 UPDATE

KDDI、Androidで使える法人向けビジネスアプリスイートを提供

KDDIはグループウェアとSFA、CRMを統合したビジネスアプリケーションを提供開始する。Androidに対応しており、auのスマホと同時契約で月額料金を無料にするキャンペーンも実施する。

[ITmedia]

 KDDIは8月1日、ビジネスアプリケーション「KDDI Knowledge Suite」を翌2日から提供開始すると発表した。

 KDDI Knowledge Suiteは、グループウェアと営業支援(SFA)、顧客管理(CRM)を統合したスイート製品。開発元のブランドダイアログとの業務提携により提供される。なおKDDIが「KDDI MULTI CLOUD」ブランドで展開する最初の自社アプリケーションになる。

 今回、PCや携帯電話に加え、新たにAndroidデバイス向けのクライアントを開発した。2011年8月2日から2011年11月30日の期間、auのスマートフォンの購入と同時にサービスを申し込むと、KDDI Knowledge Suiteの月額料金が12月分まで無料になるキャンペーンも実施する。

 なおKDDIは、法人向けクラウド事業の拡大を目指し、開発元のブランドダイアログによる第三者割当増資に応じる予定。その結果、同社の2位の株主になる見込みだ。

関連キーワード

KDDI MULTI CLOUD | 第三者割当増資 | Android


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -