ニュース
» 2011年08月09日 14時37分 UPDATE

Anonymousがシリア国防省のWebサイトを改ざん、シリアも報復

ハッカー集団Anonymousがシリア国防省のWebサイトにアサド大統領非難の声明を掲載。この報復としてシリア側は、Anonymousが運営するAnon Plusのサイトを改ざんした。

[鈴木聖子,ITmedia]

 シリアのアサド政権が反政府デモを弾圧し、国際社会から非難されている問題で、ハッカー集団Anonymousがシリア国防省のWebサイトを改ざんし、アサド大統領を批判する声明を掲載した。

 セキュリティ企業の英Sophosの8月8日のブログによれば、シリア国防省のサイトにはAnonymousのロゴが掲載され、死亡したデモ参加者の写真や動画にリンクが張られた。さらに「シリアの国民へ:世界はあなた方とともに、残忍なアサド政権に対峙している」「シリア軍よ、自分たちの国を守れ。政権に対し蜂起しろ」などとする英語とアラビア語の声明が掲載されたという。現在、同サイトはつながらない状態になっている。

 anonimous

 一方、カナダのトロント大学にあるCitizen Labは同日、「シリア軍のWebサイトがハッキングされた報復として、シリアの電子軍がAnonymousのサイトを破壊した」とTwitterで伝えた。

 攻撃されたのはAnonymousが開設したソーシャルネットワーキングサイト「Anon Plus」で、報道によると、デモ隊によって殺されたとする市民や兵士の遺体の写真が掲載されていたという。その後、Anon Plusのサイトは元通りに復旧している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -