ニュース
» 2011年08月17日 08時36分 UPDATE

HTC、Appleを特許侵害で提訴

両社はiPhoneとAndroid端末の特許侵害で互いを提訴し合っているが、HTCが新たに2件の特許についてAppleを提訴した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 台湾のスマートフォンメーカーHTCは8月17日(現地時間)、米AppleがiPhone、iPad、iPodで同社の3件の特許を侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)および米デラウェア地区の連邦地裁にAppleを提訴したと発表した。

 発表文によると、侵害されているのはWi-Fiで複数の端末を接続する技術とプロセッサ間通信技術で、該当する米特許番号は「7,417,944」「7,672,219」「7,765,414」。

 両社の法廷での争いは、2010年3月にAppleがHTCをAndroid端末による特許侵害で提訴したことでスタートした。これに対し、HTCも5月にAppleに反訴した。AppleによるITCへの提訴に関しては7月、HTCがAppleの2つの特許を侵害しているという予備判決が出ている。この裁判の最終決定は12月6日になる見込みだ。

 スマートフォンをめぐっては多数の特許訴訟があり、Appleと米GoogleのAndroid端末メーカー各社は互いに訴えている。訴訟を有利に進めるための特許獲得競争も激化しており、AppleはMicrosoftなどと連合を組んでNortelの特許ポートフォリオを落札し、一方の米GoogleはIBMの約1000件の特許を購入したり、約1万7000件の特許を保有するという米Motorola Mobilityを買収したりすることで対抗しようとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -