ニュース
» 2011年08月19日 19時05分 UPDATE

Amazonレビューが企業への不満表明の場に 今度はサントリー製品

サントリーがWebサイトで「日本海」と「東海」を併記し、同社が謝罪した問題で、Amazonで販売されている同社製品に対し酷評レビューが投稿され始めている。

[ITmedia]
photo サントリーの謝罪

 サントリーホールディングスがWebサイトで「日本海」と「東海」を併記し、同社が削除した問題で、Amazon.co.jpで販売されている同社製品に対し、「表記の問題で信用できなくなった」といったレビューが投稿され始めている。

 最近では、花王製品に対しフジテレビへの抗議が飛び火する形で酷評レビューの投稿が相次ぐ“炎上”騒ぎも起きた。商品購入の際の参考のために設けられているAmazonのレビュー投稿機能だが、手軽に投稿できるため、一部の消費者が企業に対し直接意見を表明する場として“活用”されるようになってきている。

 サントリーは韓国焼酎「鏡月グリーン」の商品紹介ページで、商品名の由来を説明する文章中、「韓国/東海(日本海)」と表記していた。

 4月から4カ月にわたって公開していたというが、8月18日になって、「2ちゃんねる」で表記を問題視するスレッドが立つなどして騒ぎになった。同社への抗議が相次いだため、同社は19日午後にページをサイトから削除。「商品を紹介するための広告上の表現で、地名に関する見解を表明するものではありませんでした」という謝罪文を掲載した

photo サントリー製品の販売ページに投稿されたレビュー

 一方、Amazonのサントリー製品販売ページには、表記問題に関連すると思われる内容のレビューが相次いで投稿されている。

 「南アルプスの天然水」販売ページには「水と言えば、この商品を選んで購入していましたが、もう買いません。表記の問題で信用出来くなりました。サントリー製品に不信感を持ちました」というレビューが投稿され、「参考になった」と投票しているユーザーは100人を超えて増え続けている。「サントリーの愛する東海の水を使っているのだろうか、しょっぱくて飲めたものではなかった」と中傷的な内容のレビューもある。

 「烏龍茶」の販売ページには「日本海を東海表記する企業のウーロン茶なんて、もう飲めません」「韓国製品と一緒にどうぞ」といったレビューが投稿されている。表記問題には直接言及していないものの、商品の味などを酷評するレビューが19日付けで投稿されているケースもある。

 最近では、「韓流」をめぐるフジテレビへの抗議が飛び火する形で、同社の大手スポンサーである花王製品の販売ページに酷評レビューが相次いで投稿される事態が起きた。花王製品のページにはいまでも「あまり落ちなかった」というレビューに5000人近くが「参考になった」と投票するなど、酷評が続いている。

 昨年9月には、ゲームソフト「アイドルマスター2」の内容に怒ったファンがAmazonの商品ページで不満を表明する“炎上”状態になった

 Amazonは悪質な内容については削除するなどして対応しているもようだが、投稿が殺到すると対応が追いつかずに炎上してしまうようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -