ニュース
» 2011年08月29日 07時12分 UPDATE

Google、“パンダ”アルゴリズム強化でユーザーに協力を呼び掛け

Googleが、検索結果向上目的のアルゴリズム変更のために、SEO目的の粗悪ページを発見したら報告してほしいとユーザーに呼び掛けている。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 panda

 米Googleは8月26日(現地時間)、検索結果向上目的のアルゴリズム変更(Googleは“Panda”アップデートと呼んでいる)への協力をユーザーに呼び掛けた。Googleで検索した結果の上位にSEO目的の粗悪なスパムページが表示された場合、それをGoogleに報告してほしいという。同社でWebスパム対策チームの責任者を務めるマット・カッツ氏がTwitterで告知した

 Googleは、他のWebサイトの内容をコピー&ペーストしただけのサイトを「scraper site」と呼び、こうしたサイトを報告するためのGoogle Docsのフォーマットを用意した。「scrape」は本来、携帯向けサイトなどを作るためにWebサイトから特定のデータを抽出、整形し直すことを指すが、ここでは他サイトのコンテンツをあたかもオリジナルのように流用する行為を表している。

 ユーザーは、このフォーマットに、検索ワード、検索結果で表示されたscraper siteのURL、流用されたオリジナルテキストを含むURLを入力して「送信」ボタンをクリックすることで報告する。Googleはこうして収集したデータを、検索アルゴリズムのテストと強化に利用する。

 なお、スパム著作権侵害の報告には、このフォーマットではなく、別途既存のツールを使う必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -