ニュース
» 2011年08月30日 16時25分 UPDATE

コーエーテクモ「100万人のWinning Post」、GREEでリリースへ

コーエーテクモの競馬シミュレーション「Winning Post」がソーシャルゲーム化され、GREEでリリースへ。

[ITmedia]

 コーエーテクモゲームスとグリーは8月30日、ソーシャルゲーム「100万人のWinning Post」のβサービスを今秋から「GREE」で始めると発表した。同日、事前登録を開始した。

photo (C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
photophoto

 競馬シミュレーション「Winning Post」をソーシャルゲーム化。プレイヤーはオーナーブリーダー(馬主兼生産者)の1人となり、自ら生産した愛馬でGIレースを制覇し、その血統を広めていく──という内容。豊富な種牡馬と繁殖牝馬を交配させ、配合理論を駆使して自分だけの競走馬を生み出し、調教で鍛えて有名馬や他のプレイヤーが育てた馬とレースで競い合う。

 コミュニケーション要素として、ほかのプレイヤーとスタッド(共有牧場)を設立でき、レースで活躍した愛馬を種牡馬として登録可能。登録された種牡馬は全プレイヤーに公開され、ほかのプレイヤーが生産に使うことで、愛馬の血統をプレイヤーに広めることができる。

 基本無料(アイテム課金型)。スマートフォン(iPhone/Android)とフィーチャーフォンに対応。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -