ニュース
» 2011年09月01日 09時09分 UPDATE

Apacheの更新版が公開に、攻撃横行の脆弱性に対処

「Apache HTTP Server 2.2.20」では、バイトレンジリクエストの処理方法に存在していたサービス妨害(DoS)の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Apache Web Serverの未解決の脆弱性を突いた攻撃が横行していた問題で、Apache Software Foundationがこの脆弱性を修正する更新版をリリースした。

 最新版の「Apache HTTP Server 2.2.20」では、バイトレンジリクエストの処理方法に存在していたサービス妨害(DoS)の脆弱性に対処した。併せて複数の不具合も解決している。

 この脆弱性に関する情報は先にセキュリティメーリングリストで公開され、攻撃ツールが出回っていると伝えられていた。Apache Software Foundationは全ユーザーに対し、バージョン2.2.20にアップグレードするよう呼び掛けている。

関連キーワード

Apache | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -