ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2011年09月13日 17時10分 UPDATE

ITエンジニアの貯蓄額は“二極化”?

ITエンジニアの貯蓄額は「50万円未満」と「1000万円以上」が比較的多いという“二極化”が進んでいる──こんな調査結果を転職サービス「DODA」がまとめている。

[ITmedia]

 ITエンジニアの貯蓄額は「50万円未満」と「1000万円以上」が比較的多いという“二極化”が進んでいる──こんな調査結果を転職サービス「DODA」(インテリジェンス)がまとめた。

 調査は今年3月上旬、25〜34歳を対象に実施。ITエンジニアの平均貯蓄額は326万円で、他職種を含む全体(320万円)をわずかに上回っていた。

photo

 ただ、ITエンジニアの貯蓄額で最も多かったのは「50万円未満」で、20.2%を占め、全体(18.9%)と比べ割合が多かった。一方で、「1000万円以上」という人は10.4%と、こちらも全体(8.7%)より多かった。「貯蓄額の二極化が進んでいることがうかがえる」という。

 平均貯蓄額では、既婚男性が330万円なのに対し、未婚男性は290万円と少ない傾向にあった。

photophoto

 全体の平均貯蓄額は2年連続で増加。増えたのは「定期的に貯蓄した」「節約した」「給与が増えた」がトップ3。減った人は「給与が減った」「家の購入・引っ越し」「日々の支出が増えた」が理由として多かった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.