ニュース
» 2011年10月11日 08時40分 UPDATE

Google、Webアプリ開発向け新言語「Dart」を発表

Dartは構造化されたWebアプリを開発するための言語で、同言語で開発したアプリはJavaScriptに変換して実行できるほか、将来Chromeブラウザに搭載される専用VM上で実行できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月10日(現地時間)、新たなプログラミング言語「Dart」を発表した。構造化されたWebアプリの構築に適しているという。専用ページで早期プレビュー版のドキュメントやコードサンプルが閲覧できる。

 Googleは、Dartで構造的でかつフレキシブルな言語を目指す。開発者にとって、親しみやすく、自然な操作性を持たせ、簡単に学べるものにし、モバイル端末やサーバでの実行でも高性能を発揮するWebアプリを構築できる言語にしたいとしている。DartはBSDライセンスの下、オープンソースでリリースされた。

 dart Dartのチュートリアルページ

 実行方法は2つあり、Webブラウザ上のネイティブな仮想マシン(VM)で実行するか、コンパイラでJavaScriptに変換して実行する。Googleは、ChromeブラウザにDart VMを搭載する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -