ニュース
» 2011年10月31日 08時00分 UPDATE

「Google TV」アップデート Androidアプリの利用が可能に

Googleが、インターネットテレビプラットフォームの「Google TV」をアップデートした。UI改善などのほか、YouTubeのチャンネル拡充で、マドンナやシャキール・オニールなどのオリジナル番組を視聴できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月28日(現地時間)、「Google TV」のアップデートを発表した。

 Google TVは、同社が2011年5月に発表したインターネットテレビプラットフォーム。同プラットフォームを搭載したテレビやSTBを接続したテレビでは、テレビ番組だけでなく、YouTubeなどインターネット上のコンテンツを視聴したり、ネットを検索したりすることが可能だ。現在、ソニーの米子会社Sony ElectronicsとスイスのLogitechが対応製品を製造している。韓国のSamsung Electronicsも製品を発売すると発表しているが、まだ登場していない。

 今回のアップデートで、使いにくいと不評だったユーザーインタフェース(UI)の改善、検索機能の強化、YouTubeとの統合強化、Android MarketのアプリのGoogle TVへの対応を実施した。同社は公式ブログで「Google TVの最初のバージョンは完全とは言えなかった」と認めつつ「今後もアップデートごとに向上させていく」と語った。

 検索機能は、これまでNetFlixやYouTubeなどのサービスごとにしか検索できなかったところを、サービスを横断して検索できるようになり、レコメンデーション機能を有効にしている場合は8万以上のコンテンツからユーザーの好みの作品を見つけやすくなるという。

 GoogleはAndroidアプリのSDKのアドオンとしてGoogle TV向け開発ツールを追加した。これにより、開発者は、既存のアプリからGoogle TV向けアプリを作成できるようになった。現在、50以上の対応アプリがAndroid Marketに登録されている。

 tv

 Googleは同日、YouTubeのチャンネル拡充も発表した。100以上のパートナーが新たなチャンネルを開設する。米Thomson Reutersや米Wall Street Journalなどのニュースメディアや、マドンナなどのアーティストのオリジナルチャンネルなどが、11月に登場する見込みだ。

 Google TVのアップデートは、31日の週にまずソニーの端末で実施される予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -