ニュース
» 2011年11月02日 18時03分 UPDATE

ミクシィが業績予想を下方修正 モバイル広告落ち込み、減益に

ミクシィが12年3月期の連結業績予想を下方修正し、前期比で減益になる見通し。スマートフォンへの移行が想定以上に進み、従来型携帯向け広告が落ち込んだ。

[ITmedia]

 ミクシィは11月2日、2012年3月期の連結業績予想を下方修正し、営業利益が16億〜25億円(前回予想は34億〜38億円)になるなど、前期に比べ減益になる見通しを発表した。スマートフォンへの移行が進む中、従来型携帯電話向け広告の売り上げが減っている。

 修正後の予想は、売上高が130億〜140億円(前回予想は150億〜163億円・前期実績は132億円)、経常利益は13億〜23億円(33億〜37億円・29億円)、純利益は5億〜11億円(16億〜19億円・13億円)。

 4〜9月期、東日本大震災による広告売り上げへの影響に加え、スマートフォンへのシフトが想定以上に進んだため、モバイル広告売り上げが減少。広告宣伝費などを抑えたが、売り上げ減による減益分をカバーできず、利益は当初の予想を下回った。

 mixiアプリなど課金収入の増加を見込むものの、下期もモバイル広告で厳しい状況が続くと見込み、売上高の見通しを下方修正。コスト削減で減収分をカバーし切れず、前期比で減益となる見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -