ニュース
» 2011年11月11日 11時22分 UPDATE

Google、Chrome強化を目的にサイト内検索技術のAptureを買収

「Apture Highlights」は、Webページ上の単語を選択すると、その場で関連情報がポップアップウィンドウで表示される技術。Webオーナー向けと主要Webブラウザ向けプラグインが提供されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、ポップアップ式の検索ユーティリティを手掛ける米Aptureを買収した。Aptureが11月10日(現地時間)、公式サイトで明らかにした。買収総額などの詳細は公表されていない。

 Aptureは2007年創業の、サンフランシスコに拠点を置く非公開企業。Webページ上の単語を選択すると、その単語に関する情報をページから移動せずにポップアップウィンドウで表示するWebブラウザ向け拡張機能「Apture Highlights」を提供する。Google Chrome、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)、米AppleのSafari、MozillaのFirefox版がある。また、Webパブリッシャーが機能としてWebサイトに組み込める版もあり、Hearst、Reader's Digest、Financial Timesなど多数のパブリッシャーが採用しているという。

 apture 1 対応サイトで単語を選択すると「Learn More」と表示され
 apture 2 「Learn More」をクリックするとポップアップウィンドウが表示される

 同社によると、Webサイトのアウトバウンド(訪問者がサイトから離脱すること)トラフィックの約30%は検索が目的という。Apture Highlightsでサイト内で情報を提供することで、訪問者の滞在時間を延ばせるとしている。

 買収完了後、Aptureの約10人の従業員はChromeチームに加わるという。

 米TechCrunghによると、Googleは向こう数カ月のうちにAptureの拡張機能とWebサイトに提供している機能を終了すると語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -