ニュース
» 2011年11月16日 14時31分 UPDATE

GoogleのAndroid、世界スマートフォン市場でシェア過半に――Gartner調べ

Androidの世界スマートフォン市場でのシェアが52.5%と過半になった。携帯電話市場では、Samsungが追い上げているものの、Nokiaが首位の座を守った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Gartnerは11月15日(現地時間)、第3四半期(7〜9月期)の世界携帯電話市場に関する調査結果を発表した。スマートフォンの販売台数が前年同期比で42%伸び、携帯電話市場に占める割合は前期より1ポイント拡大し、26%になった。

 携帯電話の販売台数は前年同期比5.6%増の4億4050万台。販売台数シェアをメーカー別でみると、トップ4社は前期と変わらずフィンランドのNokia(23.9%)、韓国のSamsung(17.8%)、韓国のLG Electronics(4.8%)、米Apple(3.9%)で、前期にカナダのResearch In Motionと並ぶ5位に立った中国のZTEがRIMを抜いて単独の5位(3.2%)になった。

 Nokiaは、デュアルSIM端末や新興国市場での好調により、前期から1.1ポイントシェアを回復した。同社は11月16日に欧州の一部で米MicrosoftのWindows Phone搭載端末「Lumia 800」を発売しており、第4四半期(10〜12月期)にはさらにシェアを回復できるとGartnerはみている。

7〜9月期の世界携帯電話メーカー別販売シェア(単位:千台)
順位 メーカー名 2011年3Q販売台数 シェア(%) 2010年3Q販売台数 シェア(%)
1 Nokia 105,353.5 23.9 117,461.0 28.2
2 Samsung 78,612.2 17.8 71,671.8 17.2
3 LG 21,014.6 4.8 27,478.7 6.6
4 Apple 17,295.3 3.9 13,484.4 3.2
5 ZTE 14,107.8 3.2 7,817.2 1.9
6 Research In Motion 12,701.1 2.9 12,508.3 3.0
7 HTC 12,099.9 2.7 6,494.3 1.6
8 Motorola 10,221.4 2.4 9,109.4 2.5
9 Huawei Device 11,182.7 2.5 8,961.4 2.1
10 Sony Ericsson 8,475.9 1.9 10,346.5 2.5
その他 148,990.9 33.8 135,384.1 32.5
合計 440,502.2 100 417,085.7 100
(資料:Gartner)

 スマートフォンのOS別販売台数では、首位の米GoogleのAndroidがシェアを前期より9.1ポイント伸ばし、ついに50%を超えた(52.5%)。上位6者の順位は前期と変わらないが、2位のSymbianと3位のiOSの差がわずか1.9ポイントに縮まっており、「iPhone 4S」が発売された第4四半期にはiOSがSymbianを抜くのはほぼ確実とみられる。韓国SamsungのモバイルOS「bada」は前期から0.3ポイント増、Microsoft(Windows MobileおよびWindows Phone)は前期から0.1ポイント減だった。

7〜9月期の世界スマートフォンOS別販売シェア(単位:千台)
順位 OS名 2011年3Q販売台数 シェア(%) 2010年3Q販売台数 シェア(%)
1 Android 60,490.4 52.5 20,544.0 25.3
2 Symbian 19,500.1 16.9 29,480.1 36.3
3 iOS 17,295.3 15.0 13,484.4 16.6
4 Research In Motion 12,701.1 11.0 12,508.3 15.4
5 Bada 2,478.5 2.2 920.6 1.1
6 Microsoft 1,701.9 1.5 2,203.9 2.7
その他 1,018.1 0.9 1,991.3 2.5
合計 115,185.4 100 81,132.6 100
(資料:Gartner)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -