ニュース
» 2011年11月18日 17時19分 UPDATE

ソフトバンク、NTT東西を提訴 FTTH回線貸し出しに絡み独禁法違反を主張

FTTH回線の事業者間貸し出しに絡み、ソフトバンクBBとソフトバンクtエレコムがNTT東西を独占禁止法違反で提訴。

[ITmedia]

 ソフトバンクBBとソフトバンクテレコムは11月18日、家庭向け光ファイバー(FTTH)回線の事業者間貸し出しに絡み、NTT東西地域会社を独占禁止法違反で東京地裁に提訴したと発表した。

 両社によると、両社がFTTHサービスを展開するために、NTT東西に対し一般家庭までの光ファイバーアクセス回線の「1分岐単位の回線接続」などを求めているが、NTT東西は技術的に可能なのに拒否して8分岐単位の接続を強要し、8回線分の接続料を負担させられているとしている。

 両社はNTT東西に対し、「電気通信事業法に基づく接続義務に実質的に違反し、かつ独占禁止法の単独の取引拒絶、優越的地位の濫用に当たり、不公正な取引方法に該当する」として、独禁法に基づきNTT東西による行為の差し止めを求めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -