ニュース
» 2011年12月01日 19時07分 UPDATE

Shareユーザーら全国一斉摘発 30人逮捕

P2Pファイル共有ソフトなどを悪用した違法アップロードの全国一斉取り締まりが行われ、30人が逮捕された。

[ITmedia]

 P2Pファイル共有ソフトなどを悪用した違法アップロードの全国一斉取り締まりが行われ、警察庁によると11月28〜30日の3日間で全国76カ所を捜索、30人を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したと発表した。

 権利者で構成する不正商品対策協議会(ACA)によると、逮捕されたのは52〜24歳の30人。ほとんどが「Share」ユーザーだったが、アニメをBitTorrentでアップロードした疑いがある札幌市の女(52)や、オンラインストレージサイトでアニメなどをアップロードした疑いがもたれている熊本市の男(48)もいた。

 一斉取り締まりは2009年に初めて行われ、今回で3回目。摘発件数は2001年11月のWinMX事件以来、累計100件を突破し、125件となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -