ニュース
» 2011年12月13日 16時37分 UPDATE

Shareで違法ファイル公開のユーザーを特定、削除要請メール送信 権利者・ISP参加団体

「Share」で著作権を侵害したファイルを公開しているユーザーを特定し、ファイルの削除を求めるメールを送信する活動を権利者・ISPが参加する団体が始めた。

[ITmedia]

 P2Pファイル共有ソフト「Share」で著作権を侵害したファイルを公開しているユーザーに対し、ファイルの削除を求めるメールを送信する活動を、権利者団体とISP団体などで構成する「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」(CCIF)が始めた。

 昨年3月から「Winny」ユーザー向けにのべ1万通超のメールを送信してきたが、Shareによる違法アップロードが後を絶たないことから、同ソフトのユーザーも活動の対象にする。

photo 調査ツールの仕組み

 活動では、調査ツールを使ってWinny/Shareネットワーク内のキー情報やノード情報を取得。ユーザーのIPアドレスとファイルを指定してダウンロードリクエストを行うことでユーザーと権利侵害ファイルを確認する。取得したIPアドレスをもとにCCIFがISPに照会し、ISPからCCIFの文書をメールで送信する。

 CCIFは「Winny/Shareネットワーク上を、通常に流通している情報を取得するだけ」のため、通信の秘密の侵害や不正アクセスには当たらないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -