ニュース
» 2011年12月16日 08時59分 UPDATE

Googleの2011年世界検索ランキング、東日本大震災関連が世界でもランク入り

2011年の世界の急上昇キーワードトップ10に、日本語として初めて「東京電力」が入った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月16日(現地時間)、毎年恒例の検索語ランキング「Zeitgeist」の2011年版を発表した。zeitgeistとはドイツ語で「時代精神」という意味で、このランキングは単純な検索件数によるものではなく、検索頻度が急上昇したかどうかを重視している。

 top 10

 2011年の世界の急上昇キーワードトップは、米国の14歳の歌手「レベッカ・ブラック」。3月に発表したシングル「Friday」が評論家らから“史上最悪の曲”などと批判されたが注目を集め、YouTubeに投稿された動画は1億6700万回以上再生された。ブラックはYouTubeの広告料などで得た収益を東日本大震災の被災者に寄付すると語った。

 2位はGoogleが6月に一般公開したソーシャルサービス「Google+」、3位はMTVの人気テレビ番組「ジャッカス」の出演者、「ライアン・ダン」。同氏は6月に自動車事故で亡くなった。4位は2歳の娘を殺害したとして逮捕された「キャシー・アンソニー」。5位はゲームの「Battlefield 3」だった。

 Google+以外のIT関連キーワードでトップ10に入ったのは、「iPhone 5」「スティーブ・ジョブズ」「iPad 2」。iPhone 5は実際には発表されなかったが、次世代iPhoneとして期待されていた。

 トップ10には、東日本大震災関連のキーワードとして「東京電力」が8位に入った。ラテン文字以外のキーワードが世界のトップ10に入ったのは初めてだ。大震災関連のキーワードは、日本だけでなく、世界の国別ランキングでもほぼ半分の国でランクインしているという。

 日本の急上昇キーワードトップ10は、1位から、地震、停電、放射能、原発、東京電力、iPad 2、iPhone 5、セシウム、Facebook、Google+と、半分以上が地震関連だった。

 日本の検索キーワードのトップ10は、1位から、Yahoo、Youtube、Mixi、Facebook、Amazon、楽天、Twitter、Gmail、ニコニコ、翻訳だった。

 世界の家電関連の急上昇キーワードでは、「iPhone 4S」を抜いて「Amazon Kindle Fire」がトップだった。3位はAndroidスマートフォンの「Sidekick 4G」。10位にまだ発売されていない「iPad 3」が入っている。

 「Zeitgeist 2011」のページでは、各国のさまざまなカテゴリでのキーワードランキングを見ることができる。

 top 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -