ニュース
» 2011年12月21日 06時54分 UPDATE

GoogleとMozilla、Firefoxでの検索契約を更新

Google検索をFirefoxのデフォルト検索ツールとする3年契約が更新され、Mozillaは最大の収入源を確保した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは12月20日(現地時間)、米Googleと新たな検索契約を締結したと発表した。この契約により、最低でもあと3年間、Google検索がFirefoxのデフォルト検索ツールであり続ける。

 Mozillaの売上高の多く(2010年は84%)はFirefoxに搭載する検索エンジンから得られるもので、Google、米MicrosoftのBing、米Yahoo!、ロシアのYandex、米Amazon.comなどと提携しているが、Googleが最大の収入源になっている。

 3年ごとに更新されている両社の契約は、今年11月に更新されるはずだったが遅れたため、契約打ち切りかといううわさが立っていた。

 Mozillaが公開した年次報告書によると、2010年の売上高は前年比18%増の1億2300万ドルだった。

 アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterによると、Firefoxは世界ブラウザ市場でゆるやかにシェアを落としており、11月にはGoogleのChromeに初めて抜かれた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -