ニュース
» 2012年01月10日 07時44分 UPDATE

「次に買うスマートフォン」のトップはiPhone、2位はSamsung――米調査

ChangeWaveの米国での調査では、次に買うスマートフォンとして54%がiPhoneを挙げ、次に多かったのは13%のSamsungだった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleと韓国Samsung Electronicsは、米スマートフォン市場で2012年も好調なスタートを切るようだ。米調査会社ChangeWave Researchが1月9日(現地時間)に発表した米国在住の消費者を対象とする調査の結果によると、90日以内に購入したいスマートフォンとして最も多かったのがiPhoneで、2位がSamsung端末だった。

 ChangeWaveが昨年12月に米国在住の4000人を対象に実施した調査では、90日以内に購入したい次のスマートフォンとして54%がAppleのiPhoneを挙げた。iPhone 4S発売前の昨年9月の調査時より11ポイント減ってはいるものの、圧倒的な首位だった。

 前回、米Motorolaと同列3位(2位は台湾HTC)だったSamsungは、13%と前回の約3倍で2位になった。ChangeWaveは、Android 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)搭載「GALAXY Nexus」の発売が、Samsung躍進の主な要因とみている。Samsungは第1四半期中にGALAXY S IIやGALAXY NoteなどのAndroid 4.0へのアップデートを計画している

 change wave 1 90日以内に購入したいスマートフォン(資料:ChangeWave Research)

 同時に発表したスマートフォンの満足度調査結果では、iPhoneユーザーの4人中3人(75%)が「非常に満足」と答えた。SamsungとHTCが同率の47%、Motorolaが45%だった。

 change wave 2 メーカー別顧客満足度(「非常に満足」と答えたユーザーの比率 資料:ChangeWave Research)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -