ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年01月17日 20時09分 UPDATE

導入事例:岐阜県白川町、NECのAndroidタブレットで独居世帯の“見守り”を実施

町内の35世帯に配布し、細やかなケアを行っていく。買い物支援機能も備えるという。

[ITmedia]

 白川町(岐阜県加茂郡)は、タブレット端末で独居世帯の安否を日常的に確認するシステムを導入する。構築を担当したNECおよびNECネッツエスアイが1月17日に発表した。

 これまで同町では、独居世帯に対して社会福祉協議会などによる電話連絡や民生委員による訪問といった“見守り”を実施してきた。加えて今回、35世帯に配布するNECのAndroid端末「LifeTouch」を通じてより細やかな見守りを行うという。

 具体的には、「朝食を食べたかどうか」などのメッセージを端末宛てに定期配信し、各世帯は画面上のボタンを押すことで様子を知らせる。UIはIT機器に不慣れな人でも使いやすいよう工夫したという。テレビ電話としても利用できるので、コミュニケーション頻度を高められるとしている。日用品など、地域の商店が登録した品物を端末上で注文できる買い物支援機能も備える。

 また集計したデータは、複数の視点から自動集計したりグラフ化したりできる。これをもとに世帯ごとの変化や全体の傾向を把握し、施策につなげるという。

 なお本システムは、「ライフコミュニケーションサービス」として販売を開始する。

life.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.