ニュース
» 2012年01月19日 17時00分 UPDATE

Kodakが破産法適用を申請

Eastman Kodakが米連邦破産法11条の適用を申請。

[ITmedia]

 米Eastman Kodakは1月18日、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)の適用を申請したと発表した。

 同社によると、米Citigroupから9億5000万ドルの融資を受け、営業を継続するという。破産法11条は日本の民事再生法に相当する。

 同社は1975年に世界で初めてデジタルカメラを開発したものの、デジタル化の波に乗り遅れて業績が低迷。今月初め、破産法の適用申請を準備していると伝えられていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -