ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2012年01月19日 17時26分 UPDATE

大阪市立図書館が電子書籍サービス 自宅PCから「国史大系」など閲覧可能に

大阪市立図書館が、電子書籍を自宅PCや館内などで閲覧できるサービスを始める。

[ITmedia]

 大阪市立図書館は1月20日から、電子書籍を自宅PCや館内などで閲覧できるサービスを始める。提供タイトル数などは「公共図書館では有数の電子書籍サービス」になるとしている。

 米EBSCOの「eBook Collection」を導入し、当初は歴史史料・専門書や辞書、資格関連図書など和書約350タイトルを提供。「国史大系」(吉川弘文館)や「新版図説電気・電子用語事典」(実教出版)、「人文社会37万語英和対訳大辞典」(日外アソシエーツ)、簿記やIT、電気関連の資格、語学、大阪関連図書などが含まれている。年度内には英書約3500タイトルも加える予定。

 自宅PCから利用する場合、WebブラウザとAdobe Reader、図書館カードとパスワードが必要。館内の情報検索端末(合計104台)からも閲覧できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.