ニュース
» 2012年01月30日 10時27分 UPDATE

Androidタブレット利用シェアでKindle FireがGALAXY Tabと互角に――Flurry調べ

有料アプリのダウンロード数では、Kindle FireがGALAXY Tabの2.5倍以上だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Androidタブレットの利用では、米Amazon.comの「Kindle Fire」が韓国Samsung Electronicsの「GALAXY Tab」シリーズと互角になった――。モバイルアプリ調査の米Flurry Analyticsが1月27日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

 Flurryは1カ月当たり190億件以上のユーザーによるアプリセッションを追跡しており、今回の発表はこれらの追跡データに基づくものだ。同社では、アプリを起動して10秒以上保持することを1件のアプリセッションと定義しており、モバイル端末の実際の利用状況をみる指標の1つとしている。

 Androidタブレットにおけるアプリセッションのシェアで、2011年11月にはわずか3%だったKindle Fireが、2012年1月にはGALAXY Tabと並ぶ36%に拡大した(Kindle Fireが発売されたのは2011年11月)。Androidタブレット全体の1月のアプリセッションは11月より3倍に拡大しており、GALAXY Tabでも50%増加したが、Kindle Fireの勢いがそれを上回った形だ。

 flurry 1 Androidタブレットのアプリセッション変化(資料:Flurry Analytics)

 なお、端末の累計販売台数は、2010年11月に発売されたGALAXY TabがKindle Fireの約2倍だとFlurryは見積もっている。

 FlurryはKindle Fireの台頭を、Amazonによる米Appleに似た戦略の成果と分析する。Amazonは、米Googleが管理するAndroid Marketとは別に、AppleのApp Store同様に自社で管理できる独自のアプリストア「Amazon Appstore for Android」を立ち上げた。AmazonはKindle Fireを199ドルという戦略的な低価格で販売することで同端末をコンテンツ販売促進の手段としており、この戦略は成果を上げているとFlurryは説明する。

 実際、Flurryの1月の調査では、Kindle Fireでの有料アプリのダウンロード数は、GALAXY Tabの2.5倍以上だったという。以下のチャートは、Android MarketとAmazon Appstoreにおける有料アプリのダウンロード数上位10本中5本のダウンロード総数に基づくものだ。

 flurry 2 GALAXY TabとKindle Fireの有料アプリダウンロード数比較(資料:Flurry Analytics)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -