ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年01月31日 12時24分 UPDATE

Microsoft、6万ドル分のWindows Azureを無償提供する新興企業支援プログラム立ち上げ

Microsoftと各国のインキュベーターが、有望な新興企業にWindows Azureを1年間無償提供する「BizSpark Plus」を立ち上げた。日本からはモビーダジャパンが参加する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftとインキュベーターの米TechStarsは1月30日(現地時間)、新たな新興企業支援プログラム「BizSpark Plus」を立ち上げたと発表した。TechStarsほか約40社のインキュベーターが、支援する新興企業に対して最高6万ドル(約460万円)分のWindows Azureのコンピュートサービスおよびストレージサービスを1年間、無償で提供する。

 このプログラムを利用した新興企業は、2年目は半額でWindows Azureを利用でき、その後も特別割引料金での利用を継続できる。

 世界各国のインキュベーターがこのプログラムに参加しており、日本からは孫泰蔵氏率いるモビーダジャパンが参加している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.