ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2012年02月01日 20時45分 UPDATE

KDDIがベンチャーファンド設立 アプリ・サービスの開発促進

KDDIがベンチャー企業に投資する総額50億円のファンド「KDDI Open Innovation Fund」を設立。

[ITmedia]

 KDDIは2月1日、ベンチャー企業に投資する総額50億円(予定)のファンド「KDDI Open Innovation Fund」を設立したと発表した。

 同社初のコーポレートベンチャーファンド。国内外の有望なベンチャーに投資するほか、協業によるサービス開発支援やクラウドなどのプラットフォーム提供も行い、良質なサービスやアプリの開発を支援していく。同ファンド発のサービス、アプリは「auスマートパス」を通じて提供していく。

 ファンド運営は、ベンチャーキャピタルで実績のあるグローバル・ブレインが行う。

 KDDIはインキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」の第2期を募集中。第1期からは「ソーシャルランチ」などが誕生し、KDDIはソーシャルランチ運営元のシンクランチに出資している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.