ニュース
» 2012年02月06日 10時43分 UPDATE

YouTubeに今年もスーパーボウルのCM動画まとめサイト ソーシャル機能を強化

YouTubeが毎年スーパーボウル開催に合わせて公開しているCM動画まとめサイトに、今年からFacebookやGoogle+の友達と話し合えるソーシャル機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 2012年のスーパーボウルが2月5日(現地時間)、インディアナ州インディアナポリスのルーカス・オイル・スタジアムでスタートし、米Google傘下のYouTubeは今年もスーパーボウルで放映されたCMをまとめるページ「AdBlitz」にCMを追加している。

 このページは2010年から毎回YouTubeで公開されており、ページ上でCMについてリアルタイムでコメントを付けられる。今年からは、Twitter、Facebook、Google+のいずれかのアカウントでログインすると、そのアカウントのネットワーク内でCMについて話し合える機能が追加された。

 bowl

 スーパーボウルは米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の王座決定戦。視聴率の高いこのイベントのCM枠は高額で、各社が力を入れたCMを配信することで有名だ。今年中継を担当するComcast傘下のNBCテレビの幹部によると、今年は30秒のCM枠が昨年の300万ドルを上回り、平均350万ドルで取引されたという。

 今年のハーフタイムショウに登場するマドンナは2日前、このイベントで披露する予定の新曲「Give Me All Your Luvin'」のプロモーションビデオをYouTubeの公式チャンネルで公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -