ニュース
» 2012年02月16日 13時11分 UPDATE

iOS版Google+アプリでも写真の自動バックアップが可能に

iPhoneやiPadでも、Android同様に端末で撮影した写真や動画をほぼ無制限にクラウド上にバックアップできる「インスタントアップロード」機能を使えるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月14日(現地時間)、iOS向けGoogle+アプリをアップデートし、これまでAndroid端末にしかなかった、撮影した写真の自動アップロード機能「インスタントアップロード」を追加した。

 iphone

 アプリをアップデートして最初に起動すると、インスタントアップロードを有効にするかどうか確認する画面が表示される。

 インスタントアップロードを有効にすると、端末で撮影した写真や動画が自動的にGoogleのクラウド上のプライベートアルバムにアップロードされる。自動的にアップロードでき、アップロード数にほとんど制限がないのでバックアップに便利だ。ただし、2048×2048ピクセルを超えるサイズの写真は、アップロード時に自動的に縮小される。

 iCloudにも「フォトストリーム」という同様の機能があるが、アップロードした写真は30日間しかiCloudに保存されず、動画はサポートしない。また、保存されるのは直近の1000枚までという制限もある。

 インスタントアップロードの他には、自分の投稿に「+1」を付けてくれたユーザーの表示、人気の投稿ストリームの表示が追加された。

 また、端末をシェイクするとAndroidチームにフィードバックを送るページが表示されるオマケ機能も追加された。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -