ニュース
» 2012年02月17日 09時26分 UPDATE

iPadの最大のライバルはiPhone?――iSuppliの世界タブレット市場調査

iSuppliによると、第4四半期の世界タブレット市場のシェアトップはApple、2位はKindle Fireを11月に発売したAmazon、3位はSamsung Electronicsだった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IHS iSuppliは2月16日(現地時間)、世界における2011年第4四半期(10〜12月)のタブレット市場に関する調査結果を発表した。同社が昨年12月に発表した予測通り、1位が米Apple、2位が米Amazon.comだった。

 tablet 第4四半期の世界タブレット出荷ランキング(資料:IHS iSuppli)

 Appleは同四半期中、iPadおよびiPad 2を前年同期比111%増、前期比で39%増の1540万台出荷したが、タブレット市場のシェアは前期の64%から57%に縮小した。iSuppliは、シェア縮小の主な原因は、Amazon.comの「Kindle Fire」よりもむしろ、10月に発売されたAppleのスマートフォン「iPhone 4S」だとしている。Apple製品を愛好する消費者が、限られた予算をiPadよりも待望のiPhone 4Sに投じたためという。

 昨年11月に発売されたKindle Fireの出荷台数は390万台で、14.3%のシェアを獲得した。同端末は特に米国で好調だった。米国は、世界タブレット市場の過半を占めるという。

 2011年通年のタブレット出荷台数は6520万台。首位は前年比168%増の4050万台を出荷したApple(シェアは62%)で、2位はGALAXYシリーズのタブレットを610万台出荷した韓国のSamsung Electronics(シェアは9.4%)。Amazonのシェアは6%で3位だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -