ニュース
» 2012年03月08日 06時41分 UPDATE

iOS 5.1リリース バッテリー関連バグ修正、フォトストリームの画像削除が可能に

AppleがiOS 5.1をリリース。バッテリー関連バグを修正したほか、フォトストリームの画像削除、ロック画面でのカメラ起動ボタンの常時表示が可能になっている。

[ITmedia]

 米Appleは3月8日、iOS 5.1をリリースした。iCloudの「フォトストリーム」から写真を削除できるようになったほか、ロック画面にカメラ機能を起動するショートカットが常時表示されるようになった。

photo 従来(左)はロック画面からカメラを起動するにはホームボタンの2度押しが必要だったが、iOS 5.1(右)ではボタンが常時表示されるようになった。カメラを使う場合はロック画面からボタンを上にスライド

 フォトストリームはiCloud経由で写真を共有する機能だが、これまでは誤って撮影した写真などを削除できなかった。またiOS 5からロック画面でカメラ機能を起動できるようになったが、起動ボタンを表示するにはホームボタンを2度押しする必要があった。

 また「バッテリーの寿命に影響するバグを解決した」という。昨年11月にiOS 5の最初のアップデートをリリースしたが、バッテリーの問題を完全には解決できなかったことをAppleは明らかにしていた

 iOS 5.1では日本語版のSiri(iPhone 4Sのみ)をサポートするが、Siriを利用できるようになるには向こう数週間かかる見通し。また、KDDI契約者向けのFaceTimeとiMessageのサポートを追加した。

 「設定」の「一般」−「ソフトウェアアップデート」からアップデート可能だ。iOS5インストール環境の場合、アップデートファイルのダウンロードサイズは177Mバイト。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -