ニュース
» 2012年03月13日 12時42分 UPDATE

「Siriは使いものにならない」 米男性がAppleを提訴

テレビCMではSiriは何でもできるように宣伝しているが、実際には使いものにならないではないか──と、ニューヨークの男性がAppleを訴えたという。

[ITmedia]

 テレビCMではSiriは何でもできるように宣伝しているが、実際には使いものにならないではないか──と、ニューヨーク在住の男性がAppleを訴えたという。Wall Street Journalのブログが3月12日付けで伝えた

 男性は、Appleがうその広告を流しているとして訴えた。AppleのテレビCMは、Siriの能力についてミスリーディングな内容になっている、という。

 男性側の主張によると、AppleのテレビCMでは、iPhone 4SのSiriを使ってアポを取ったり、レストランを見つけたり、ギターコードの学習に使ったり、ネクタイの結び方を探したり──と、さまざまなことが簡単に行えるようにアピールしている。

 だが男性は実際にはCMとはほど遠い、と主張する。男性がどこかへ行く際に道のりを尋ねたり、店を探した際、Siriは男性の言うことを理解できなかったり、長時間考えた挙げ句に間違った答えをした、という。

 WSJのブログは、訴訟について「Sirious」(シリアス)と伝えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -