ニュース
» 2012年03月16日 16時06分 UPDATE

グリー、RMT防止へ有人監視を導入 違反ユーザーはアカウント停止も

GREEのゲーム内アイテムを実際の金で取引するRMTを防止するため、有人監視体制を導入しチェックを強化。違反行為にはアカウント停止も含め、速やかに対応するという。

[ITmedia]
photo バグが騒ぎになった「探検ドリランド」

 グリーは3月16日、「GREE」のゲーム内アイテムを実際の金で取引する「リアルマネートレード」(RMT)行為に対する監視体制を強化すると発表した。GREE内外でスタッフによる有人チェックを行い、関連行為を発見した場合、違反ユーザーに対する警告やアカウント停止などを措置を速やかに実施する。

 GREEでは人気ゲーム「探検ドリランド」のバグを使ってカードを増殖し、RMTによって多額の利益を得ていたユーザーがいたとみられ、同社はチェックを強化する方針を明らかにしていた。

 RMTは従来から禁止していたが、新たに有人によるチェック体制を導入。GREE内で関連行為を発見した場合、違反記載の削除に加え違反ユーザーに対する警告、アカウント停止などの措置を速やかに実施する。

photo バグで増殖されたとみられるカードは高額で取り引きされた

 またGREE外のRMT業者やオークションなどもチェックし、違反ユーザーを発見した場合には「可能な範囲において適切な措置を講じていく」という。

 利用規約違反・禁止行為の防止を目指し、GREE内に特設ページと専用窓口を開設。RMTについてユーザーへの啓発活動を進め、ユーザーからの通報も受け付ける。GREEにゲームを提供している各社に対してもRMTへの厳しい対応を改めて求めていく。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。