ニュース
» 2012年03月21日 20時33分 UPDATE

グリーとレベルファイブが包括提携 「イナズマイレブン」などソーシャルゲームに

レベルファイブとグリーがソーシャルゲーム事業で包括提携。第1弾として「二ノ国」「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」のソーシャルゲームを共同で企画、GREEでリリースする。

[ITmedia]
photo 提携を発表するグリーの田中社長(中央左)とレベルファイブの日野社長(中央右)

 レベルファイブとグリーは3月21日、ソーシャルゲーム事業で包括的に業務提携すると発表した。レベルファイブは「イナズマイレブン」などゲーム専用機向けタイトルのソーシャルゲーム版を「GREE」で配信。GREEはレベルファイブのゲーム開発力・コンテンツ力で「GREE Platform」の世界展開を強化する。

 レベルファイブは昨年、ディー・エヌ・エー(DeNA)とも包括業務提携し、「Mobage」で「レイトン教授ロワイヤル」をリリースしている。ソーシャルゲームプラットフォーム事業者が世界展開を強化しているのに合わせ、コンテンツ獲得レースもあわただしくなってきている。

 両社の提携第1弾として、イナズマイレブンのほか「二ノ国」「ダンボール戦機」のフィーチャーフォン(従来型携帯電話)/スマートフォン向けソーシャルゲームを共同で企画し、GREEで配信する。

photo
photo 第1弾となる「ニノ国大冒険モンスターズ」は事前登録の受け付けをスタート (C)LEVEL-5 / GREE developed by Edia All rights reserved. 

 グリーにとっては、レベルファイブは「先進的なクリエイティブと、年代、性別を越えて多くの人々が楽しんでいるコンテンツを多く持っている」(小竹讃久執行役員)のが魅力。「ゲームという垣根超えた展開ができるトータルのプロデュース力が、海外展開にあたって大きな力になる」という。

 レベルファイブの日野晃博社長は「モバイルは専門ではないので、これまでは開発会社に頼んで開発していた面もある」が、今後は「グリーの力を借りることになるが、レベルファイブらしい作品をリリースしていきたい」と意気込む。

 グリーの田中良和社長は「コンソールで素晴らしいゲーム作ったレベルファイブが、ソーシャルゲームという新しい分野で面白いもの作るということを、一緒にやっていける」と歓迎する。

 日野社長は提携について、「田中社長から話をいただいた際、ゲームへの理解が深く、コンテンツを大切にしてもらえるのではということを感じた」と振り返る。「コンシューマーではいくつかヒットさせてきた自負があるが、モバイル、ソーシャルではなかなか勝手が分からず苦戦している。グリーと組むことで1つの成功例を作り、ゲーム業界が形を変えようとしているのであればレベルファイブとしてもその変化についていき、その中で大きな存在になっていきたい」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -