ニュース
» 2012年03月23日 14時30分 UPDATE

Facebookのステータス、「交際中」が最も増えるのは2月と12月

Facebookがユーザーの「交際ステータス」の変更データを分析したところ、「1人ではなくなる」のは1年では2月が、1週間では月曜日が最も多いことが分かった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Facebookのユーザーが「交際ステータス」を「交際中」に変更するのはバレンタインデーのある2月とクリスマスのある12月が最も多い――。米Facebookは3月22日(現地時間)、ユーザーが公開している基本情報を基にした、人間関係についての調査結果を発表した。

photo 1年の傾向

 Facebookのアカウントの基本情報には交際ステータスという設定項目があり、ここでユーザーは「独身、交際中、婚約中、既婚、複雑な関係、オープンな関係、配偶者と死別、別居、離婚」の中から自分の状態を選択し、公開できる(非公開にすることもできる)。

 Facebookのデータチームは、公開されているステータスの情報を集計し、ステータスが変更される時期について幾つかの傾向を確認できたという。

 1年を通しては、予想通りバレンタインデーとクリスマスに“1人ではなくなる”(交際中、婚約中、既婚などに変更する)ユーザーが、“1人になる”(独身、配偶者と死別、別居、離婚に変更する)より多かった。2月14日は前者が後者より49%多く、12月24日は28%多かった。

 1週間では、月曜日に“1人ではなくなる”人が最も多く、次が日曜日、火曜日から土曜日にかけて徐々に減る。週末のデートの成果を月曜日にFacebookで報告する人が多いのかもしれない。ただし、25歳未満の場合は25歳以上と少し異なり、最も少ないのは金曜日だ。Facebookのデータチームはこの理由を、若者は週末を友達や新しい恋人と過ごすために、古い関係を週末の前に清算するのではないかと推測している。

 facebook

 Facebookの8億人のユーザーのうち、何%が交際ステータスを公開しているのか、また、正確なステータスを反映させているのかは不明だが、ある程度は実際に即しているとみていいだろう。

 Facebookはこうしたステータスだけでなく、ユーザーがどのようなアプリを使っているか、どんなページに「いいね!」したかなどの詳細なデータを把握している。それらのデータをこの「交際ステータス」の調査のように分析すれば、広告などに生かせるさまざまな事が分かるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -