ニュース
» 2012年03月29日 06時32分 UPDATE

「Google Chrome 18」の安定版リリース GPUアクセラレーションに対応

Googleの今回のWebブラウザ更新は、2D画像表示の高速化や古いPC向けの3Dレンダリングなど画像関連が中心だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月28日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Google Chrome 18」(18.0.1025.142)をリリースした。

 今回のアップデートは画像表示関連の改良が中心になっている。

 Windows版とMac版で、「canvas」タグによる2Dコンテンツの表示でGPUによるハードウェアアクセラレーションが利用できるようになった。これにより、ゲームなどのWebアプリの実行速度が改善されるという。

 Google Chromeはバージョン9から3Dレンダリング技術の「WebGL」をサポートしているが、この技術を利用できない古い環境を使っているユーザーのために、米TransGamingからライセンスを受けた3Dレンダリング技術「SwiftShader」を利用できるようにした。

 セキュリティ関連では、合計9件の脆弱性に対処した。危険度は、Googleの4段階評価で上から2番目に高い「High」が3件、中程度の「Medium」が5件、最も低い「Low」が1件となっている。

 また、今回のアップデートには、前日に米Adobeが発表した「Adobe Flash Player」(バージョンは11.2.202.228)のアップデートも含まれる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -