ニュース
» 2012年04月12日 12時39分 UPDATE

Nokiaの100ドルWindows Phone「Lumia 900」の部品原価は209ドル――iSuppliが試算

Nokiaが米国で99.99ドルで発売したWindows Phone端末「Lumia 900」の部品原価は、販売価格の2倍以上の209ドルだとiSuppliが試算した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 フィンランドのNokiaが4月8日に米国で発売した「Lumia 900」の推定部品原価は209ドル――。米調査会社のIHS iSuppliが4月11日(現地時間)、分解調査の結果を発表した。

 同端末は米AT&Tが2年契約付きで99.99ドルで販売しており、この試算通りであれば部品代だけで販売価格の2倍以上ということになる。Nokiaと、同社と提携する米Microsoftがスマートフォン市場のシェアを奪還するために、いかに戦略的な価格設定をしたかが浮き彫りになった。

 Nokiaは10日には、Lumia 900のソフトウェアのバグの代償として、4月21日までに同端末を購入した顧客に100ドルのクレジットを提供すると発表した

 なお、iSuppliによると、2年契約なしの場合、Lumia 900の価格は449.99ドル。

 iSuppliの分解調査は恒例のもので、米Appleが昨年10月に発売した「iPhone 4S」も俎上に載った。iSuppliによると、iPone 4Sの部品原価は、Lumia 900と同じ16Gバイトモデルで188ドルとLumia 900より21ドル低い。

 iSuppliは、部品コストをスペック的に近い韓国Samsung Electronics製Android端末「GALAXY S II Skyrocket」と比較している。Lumia 900の部品原価はSkyrocketよりは26.5ドル低い。iSuppliは、プロセッサとメモリのコストを低くできたのは、NokiaとMicrosoftが米Qualcommと協力してプロセッサを端末に最適化した成果だと分析する。

 isuppli Nokia Lumia 900とSamsung GALAXY S II Skyrocketの推定原価(資料:IHS iSuppli)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -