ニュース
» 2012年04月17日 16時16分 UPDATE

ソニー製品のハブになる「nasne」登場 レコーダー&ストレージ新製品

「ホームエンタテインメントのハブ」とソニー・平井社長が言うネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)が登場。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは4月17日、HDDと3波デジタルチューナーを内蔵したネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)を7月19日に発売すると発表した。1万6980円。

photophoto

 ソニーの平井一夫社長は「nasneがホームエンタテインメントのハブとなり、ソニーグループが持つネットワークに対応した様々な製品群とつながることで、ソニーならではのシームレスなユーザー体験を提供する」とコメントしている。

 nasneは、NASとして家庭内ネットワークに接続することで、プレイステーション 3(PS3)専用アプリ「torne」や新開発のVAIO専用視聴・録画アプリを使い、地上/BS/CSの3波デジタル放送を視聴・録画できるハードウェア。ネットワークを経由してPS3、PlayStation Vita、VAIO、Sony Tablet、Xperiaで録画番組を視聴できる。地デジチューナーやnasneを増設することで最大5番組の同時録画にも対応する。

photo LAN、アンテナIN/OUT、HDD増設用USB 2.0ポート、B-CASカードスロットを搭載。HDMI端子などはなく、ネットワーク経由で番組を視聴するための機器だ

 PS3はnasneに同梱のtorneアプリ(Ver.4.0)を使うことで利用可能に。Vitaは年内リリース予定の専用アプリ「torne for PS Vita」で対応する。VAIOにはnasne発売に合わせて専用ソフト「VAIO TV with nasne」(β版)を提供し、nasneで録画した番組をVAIOからBlu-ray Disc/DVDにダビングしたり、VAIO本体のHDD/SSDに書き出せるようになる。Sony Tablet/Xperiaはそれぞれのアプリを通じて視聴可能になる。

 通常のNASとしても利用でき、DLNA機器から動画や写真、音楽などのファイルを共有できるメディアサーバ機能も備える。

 HDD容量は500Gバイト。外部HDDで拡張が可能。サイズは約43×189×136ミリ、重さ約460グラム。

 ソニー・平井一夫社長のコメント nasneがホームエンタテインメントのハブとなり、ソニーグループが持つネットワークに対応した様々な製品群とつながることで、ソニーならではのシームレスなユーザー体験を提供します。nasneは、専用アプリケーションを通じて様々なソニー製品でテレビ番組を楽しむことを可能にし、視聴スタイルの自由度を飛躍的に高めます。今後も、ソニーグループ内の連携を強化し、世界中のお客さまに感動を与え、好奇心を刺激するような魅力的な商品やサービスをお届けしてまいりますのでご期待ください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -